サイトメニュー

/// e-〇kとは ///
NPO法人与論情報化グループe-Ok(イー・マル・ケー、「マルケー」は与論の方言で「和」や「いい仲間」という意味)は、与論町の情報化を推進するために、島内の情報業者やパソコン教室講師などが集まったNPO法人です。
/// e-〇kの目指すもの ///
・島民への情報教育の実施
無料のパソコン教室やパソコン相談室を開いて島民の情報教育を進めています。
・都市とハンディのない通信インフラの整備
  島民にアンケートを行い、その結果をもとに与論町からNTT西日本にADSLサービス早期実現のための陳情を行いました。その結果、2003年7月より全島にてADSLサービスの提供がはじまりました。
・与論島にしかない情報の発信
  与論島に残る自然、文化、生活の価値を発信する「与論情報サイト」の企画・運営を行っています。
・新しい産業としての情報産業の開花
 

島内の情報需要を島内で行えるようにシステム管理の受託やパソコン修理を行っています。また、IT技術を活用して、観光業や農業などの既存の産業を支援しています。今後は情報関連でのUターン・Iターン者の開業支援や企業誘致活動を行う予定です。

/// これまでのe-〇kの取り組み ///
2000年
与論町第4次総合振興計画で戦略プロジェクトとして「情報の島づくり」採択
2001年10月
与論町の情報化推進母体として「e-Ok(イーマルケー)」を結成
2002年1月
与論町から「情報教育」及び「情報教育プランの作成」を受託
  ・「お役立ちパソコン教室」開講
・パソコン相談室開催
・情報通信に関する町民アンケート実施
2002年8月
パソコン修理事業開始
2002年12月
第21回与論町産業祭にて町民へのブロードバンド体験実施
2003年1月
ADSL陳情のためのアンケートおよび署名活動実施
2003年3月
「与論町情報教育プラン」作成
2003年5月
「与論情報サイト」構築プロジェクト開始
2003年7月
与論島内でNTT西日本によりADSLサービス提供開始
■ 2003年9月
「与論情報サイト」運営開始
十五夜踊りインターネットライブ中継
ADSL記念式典にて鹿児島とテレビ電話中継実施
■ 2003年10月
鹿児島と与論でインターネット会議実験(10/16)
■ 2003年11月
パナウルウォークインターネットライブ中継
町制40周年記念式典 記念DVD&CD制作、「与論町40周年の歩み」映像制作、インターネットライブ中継(11/21)
合併を問う住民投票開票会場からインターネットライブ中継(11/30)
■ 2003年12月
第22回与論町産業祭にてNTT西日本と共同で「情報祭り」開催
「ゆんぬインターネットライブラリー事業」終了
 ・与論町図書館サイトに「デジタル図書館」「デジタル音楽館」完成
 ・「ゆんぬ映像博物館(CD-ROM,DVD)」制作
■ 2004年3月
与論マラソンインターネットライブ中継(3/7、分散配信、多元中継実施)
■ 2004年7月
NPO法人化
■ 2004年11月
与論町より旧朝戸保育所を貸与、パソコン教室開講
■ 2006年3月
光ファイバー陳情のためのアンケートおよび署名活動実施
■ 2006年8月
「与論情報サイト」リニューアル
■ 2006年11月
与論町よりSOHO事業者育成講座受託(2008年3月まで)
■ 2007年4月
茶花にパソコン教室移転→民間運営へ移行
■ 2007年7月
サンゴ礁再生プロジェクトが、マイクロソフト社が行うNPO支援プロジェクトに採択
■ 2008年7月
サンゴ礁再生プロジェクトサイト運用開始
■ 2008年10月
ICTを活用した地域情報発信システムの調査を開始。商工会青年部と研究会開催
■ 2009年2月
与論町、商工会、観光協会とともに、与論町商工観光ICT利活用計画策定協議会発足。 地域ICT利活用を検討・推進
■ 2009年7月
与論町商工観光ICT利活用計画策定協議会の提案をもとに与論町より総務省「地域情報通信技術利活用推進交付金事業」申請
■ 2009年12月
与論町、光通信網整備
与論町が総務省「地域情報通信技術利活用推進交付金事業」に採択
■ 2010年3月
ヨロマラソンインターネット中継。FOMAを使った移動体中継やTwitterによる実況中継を行う
 

産業祭でのブロードバンド体験

ADSL開通記念式典

ゆんぬ映像博物館制作

合併を問う住民投票開票中継

NPO法人化、パソコン教室開講

与論情報サイト

www.sango.ne.jp
/// 連絡先 ///
所在地 891-9304 鹿児島県大島郡与論町朝戸1296番地 電話0997-97-2312
代表 竹村浩之 / サイト管理者 植田佳樹
プリンタ出力用画面 友達に伝える